HOME | 新築施工例紹介 | 家づくりへのこだわり | イベント情報・報告 | 会社紹介 | お問合せ
「桧の家」とは

完成してからでは、見る事のできない骨組み。
コダマホームの家づくりの原点は、その見えない部分で、一層の細やかさを追求する事にあります。
四季のある日本。
気候に順応する桧をふんだんに使い、建てた後も退化するのではなく『共に成長する家』を
これからも皆様へお届けしてまいります。
の強さ

他の樹木と比べ、強度が強くまた桧は油分が多くて水に強く、腐りにくい材木で耐久性に優れています。
の四寸角柱

耐久性実験によって100年以上の耐久性が確認されています。3.5寸角(10.5cm角)よりも耐久は64%もアップすると言われています。
の森林浴効果

桧の香りにはフィトンチッドが含まれ、鎮静作用を促し自律神経を安定させ緊張や疲労などのストレスを和らげる、森林浴と同じ効果があります。
の抗菌・防臭効果

耐久性実験によって100年以上の耐久性が確認されています。3.5寸角(10.5cm角)よりも耐久は64%もアップすると言われています。
背割れが無く、より強靭な乾燥剤

天然木は繊維の方向で収縮率が違います。これが乾燥による割れを引き起こす最大の原因でした。このため、通常は1箇所の割れ目を人工的に入れる事で収縮率を分散させる必要がありました。ですが、季節によっては割れ目が膨張する事もあり、その結果、壁に歪みや亀裂を生じさせていました。
この木造建築における悩みの種を解決すべく、背割りを入れずに乾燥させるオリジナル技術を開発し、諦められていた天然木材の欠点を克服する事に成功しました。
これにより、柱の精度と耐久性を大幅に改善しました。背割れの無い乾燥材を使用することにより、建物の歪みや亀裂を抑える事に成功しました。

桧の力を最大限に引き出す工法

以前の住宅は、土台を支えるのに木の束を使用しておりましたが、湿気のこもりやすい床下では木の束が腐食してしまうのが多く見られました。

今では金属製の束を使用する会社もでてきてはいますが、当社では基礎の立ち上がり部分を細かく設ける事により、全ての土台を基礎で支える強固な工法を確立しました。

オール土台工法

以前の住宅は、土台を支えるのに木の束を使用しておりましたが、湿気のこもりやすい床下では木の束が腐食してしまうのが多く見られました。
今では金属製の束を使用する会社もでてきてはいますが、当社では基礎の立ち上がり部分を細かく設ける事により、全ての土台を基礎で支える強固な工法を確立しました。

基礎パッキン工法

基礎と土台が直接密着すると、基礎コンクリートの湿気が土台に伝わり、腐食の原因になってしまいます。そうなると建物自体の耐久性や耐震性を著しく低下させてしまいます。

そこで、基礎と土台の間に高硬樹脂製の基礎パッキンを挟み込み、コンクリートの湿気が土台に伝わらないようにする事で、土台の腐食を抑え、耐久性の低下を防止します。基礎に穴をあける従来が換気口の約1.5~2倍の換気性能。全周換気で効率良く湿気を外部に排出する事で、床下を常に乾燥した状態に保ち、建物の耐久性・耐乾性を長

Copyright © 株式会社コダマホーム