HOME | 新築施工例紹介 | 家づくりへのこだわり | イベント情報・報告 | 会社紹介 | お問合せ

ここちよい環境をつくる

地域の気候風土、太陽の動きや風の通り道、それに土地の形状、近隣の様子など、場所の状況を丁寧に観察して心地よい空間をご提案します。

「桧の家」は、高性能な断熱材で建物全体をすっぽり包み込んだ、業界最高水準の気密・断熱性を誇る住宅。高断熱の断熱材と高断熱サッシ、全館換気システムによって健康で省エネな住環境を生み出します。上下の温度差が少ない、均一な温かさ、涼しさが実現できます。さらに太陽光や風の流れなど、自然エネルギーを最大限活かしたパッシブデザイン、機能性とデザイン性を両立した一戸建て住宅です。


すまい手の想いを大切にする

お客様の立場になりライフスタイルや家族構成に合わせて、デザインや間取り、設備など直接当社の建築士がご相談させて頂き、こだわりや想いをカタチにしていきます。


LIXIL「 SW工法(制震スーパーウォール) 」を新たに採用し、Q値がさらにUPしました!

「桧の家」住宅は、「次世代省エネ基準」の等級4(最高等級)を大幅にクリアし、2020年に義務化予定の省エネ新基準もクリアしている高性能住宅です。
夏は涼しく、冬は暖かい、一年を通して快適な生活空間を実現。
エアコンで冷やした空気・暖めた空気を逃さず長持ちさせるので光熱費を大幅に抑えることができます。
断熱性能が家族の健康に与える影響は大きく、断熱性の高い住宅に住むことで、多くの方が健康の改善を感じています。特に、気管支喘息やのどの痛み、せき、アトピー性皮膚炎における改善率の高さは注目に値します。
気密性の高い、いわゆる隙間の少ない家を建築することで、冷暖房の効きがよくなり、効率的な温度調節と光熱費の削減が可能になります。また、騒音・花粉・ダニ・害虫といった外界からの影響もシャットアウト。 仮に室温10℃とすると、起き上がって布団を出たとたんに20℃以上の急激な温度差を感じます。このヒートショックこそが健康への大きなリスク。
「桧の家」は、各部屋の温度差が少ないので、リスクを大幅に軽減することができます。
暖房器具を使用できなかった時でも、Q値が低い住宅ほど室温を高く保つことができ、災害時にも安心といえます。

出典:ライフラインが断たれた時の暖房と室温低下の実態調査 (2011.6評論家 南 三雄)
耐震等級は3段階に分かれます。等級1は、建築基準法レベルの耐震性能を満たす水準。等級2は、その1.25倍、等級3は、1.5倍の耐震性能があることを示します。
Copyright © 株式会社コダマホーム