注文住宅をお考えの方へ!平屋をつくるメリットとデメリットを解説します!

2022.5.8 コダマニュース
「平屋を建てるメリットは何だろう」
「平屋にするデメリットって何があるのかな」
新しい家づくりを検討する中で、平屋建てにするメリットが気になることもあるでしょう。
平屋建て2階建てを比較したうえで、ご家庭にあった家づくりをしたいですよね。
 
そこで今回は、平屋住宅のメリット・デメリットを紹介します。
 

□平屋を建てるメリットとは?

 
平屋を建てる主なメリットは、5つあります。
 
まず、生活動線が効率的になります。
2階が無い分、移動が平面になるため、洗濯や掃除といった家事をする際にも、階段の上り下りをしなくて済みます。
 
2つ目に、家族との距離が近くなり、コミュケーションが取りやすくなります。
平屋は全ての部屋が同じフロアにあるので、どこにいても家族の気配が感じやすい構造です。
自然と家族間でのコミュニケーションが生まれるため、コミュニケーションを大事にしたい方には特におすすめです。
 
3つ目に、平屋の構造は耐震性が高く、間取りをより自由に決められます。
2階をつくる場合は、上層階を支える柱や壁が必要になりますが、平屋は屋根を支えられれば良いので、柱や壁による間取りの制約が少ない傾向にあります。
また、平屋の構造は耐震性を期待できます。
 
4つ目に、ランニングコストを抑えられます。
入居後はだいたい10年スパンで、屋根塗装や外壁塗装などといった定期的な家のメンテナンスが必要になります。
平屋だと大々的に足場を組む必要が無い場合が多いので、長期的にかかるランニングコストが抑えられる傾向にあります。
 
5つ目に、バリアフリー住宅がつくれます。
家の階段での事故は年間を通じて多いうえ、年齢を重ねると階段の上り下りが苦しくなってきます。
平屋は階段が無いため、事故や老後の暮らしを考えた時に、おすすめの間取りです。
 

□平屋を建てるデメリットとは?

 
ここまで平屋のメリットについてご紹介しましたが、条件によっては平屋が向いていない人もいます。
そこで次に、平屋のデメリットについて紹介します。
 
まず、プライバシーの確保が難しいことが挙げられます。
先ほど家族とのコミュニケーションが取りやすくなると記述しましたが、裏を返せば、1人になりたいときも家族の気配を感じてしまうことに繋がります。
プライバシーを重視する方には、2階建て以上の家がおすすめです。
 
また、平屋を建てるためには広い土地を確保する必要があり、土地周辺の条件次第では、日当たりや風通しが悪くなってしまうケースもあります。
家が密集しており、地価の高い都心部では、平屋は比較的不向きな構造と言えるでしょう。
 

□まとめ

 
今回は、平屋のメリットとデメリットについて紹介しました。
当社は、高い技術力を生かした、住宅性能の高い快適な家づくりを行っております。
春日部市周辺で家づくりをご検討中の方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。