施工の安心

ゼロエネルギー設計・高耐震構造

こだわりの国産4寸桧柱

「桧の家」とは
完成してからでは、見る事のできない骨組み。
コダマホームの家づくりの原点は、その見えない部分で、一層の細やかさを追求する事にあります。
四季のある日本。
気候に順応する桧をふんだんに使い、建てた後も退化するのではなく『共に成長する家』を
これからも皆様へお届けしてまいります。

桧の強さ 他の樹木と比べ、強度が強くまた桧は油分が多くて水に強く、腐りにくい材木で耐久性に優れています。

桧の四寸角柱(12cm×12cm) 耐久性実験によって100 年以上の耐久性が確認されています。3.5 寸角(10.5cm角) よりも耐久は64%もアップすると言われています。

桧の森林浴効果 桧の香りにはフィトンチッドが含まれ、鎮静作用を促し自律神経を安定させ緊張や疲労などのストレスを和らげる、森林浴と同じ効果があります。

桧の抗菌・防臭効果 桧には、抗菌・防臭作用をもつヒノキチオールという成分が含まれ、アトピーなどのシックハウス症候群の原因となるカビやダニの繁殖を抑え、防腐剤や防カビ剤としても使用されています。

当社オリジナル
「背割れの無い乾燥材」

背割れが無く、より強靭な乾燥材天然木は繊維の方向で収縮率が違います。
これが乾燥による割れを引き起こす最大の原因でした。
このため、通常は1箇所の割れ目を人工的に入れる事で収縮率を分散させる必要がありました。
ですが、季節によっては割れ目が膨張する事もあり、その結果、壁に歪みや亀裂を生じさせていました。
この木造建築における悩みの種を解決すべく、背割りを入れずに乾燥させるオリジナル技術を開発し、
諦められていた天然木材の欠点を克服する事に成功しました。
これにより、柱の精度と耐久性を大幅に改善しました。
背割れの無い乾燥材を使用することにより、建物の歪みや亀裂を抑える事に成功しました。

耐震について(耐震等級3)

耐震等級とは、住宅の耐震性能をランク付けした等級のことで3 段階に分かれます。 等級1 は、建築基準法レベルの耐震性能を満たす水準。
等級2 は、その1.25 倍、等級3 は、1.5 倍の耐震性能があることを示します。
コダマホームの「桧の家」は2階建ての住宅であれば等級3 相当、3 階建てであれば等級2 相当を全棟
取得できる耐久性を実現しております。
※コダマホームの家は耐震3 の基準を満たしておりますが、手続きには別途費用がかかります。

東日本大震災でも全壊0棟の実績

地震国日本で今望まれているのは、一時的耐震性ではなく繰り返し起こる地震に対する制震性です。1995 年発売開始依頼、全壊0 棟の実績。 この強さに制震性をプラスした「コダマの桧の家」。高耐震性+ 制震性を実現! し、 今まで以上に安心してお暮らしになれます。 大きな地震や繰り返す余震にも負けない安心感ある家を実現します。
「桧の家」は、ご家族の安全をしっかりとお守りします!

騒音を減衰

「コダマの桧の家」の室内は、クルマやご近所からの騒音など、生活の妨げになる外部騒音も気にならない快適空間。また、楽器の演奏や映画鑑賞などで自らが大音量を出す場合にも、周囲を気にすることなく快適な室内環境を実現します。

80 デシベルの不快な騒音も、
50デシベル位に減衰(周波数500HZ の場合)